お気に入りブログ更新情報

CFJ(旧ディック)の情報収集

久しぶりに、CFJ(旧ディック)の情報収集を。

しかしながら、有力な情報は何も出てきませんでした...。

まぁ、出てこなかったというよりも、
「変わっていない」と言った方が正解かもしれません。

そもそも論として、私の情報収集能力が足りないだけかも(笑)?

さてさて、
任意の和解では、満足できる金額を提示してこないというのは、
CFJだけでなく、ほとんどの業者に言えることなのですが、
その考え方は、メチャクチャ「アメリカ的」です。

訴訟大国「アメリカ」の血が入っていますので、
裁判においては、とにかく自分の考えを主張してきます。

たとえ、その主張がメチャクチャであったとしても、
ナンダカンダと理由(悪く言えば、屁理屈)をつけてきます。
(裁判戦術としては、ある意味正当な行為ですが...。)

訴訟になれば、CFJに限らず、アコムやプロミス等でも、
いろいろ言ってくるワケですが、ちょっとレベルが違います。

私も経験しましたが、ドカッ!と、
数ページではなく、数十ページの準備書面を出してきます。

しかし、
言っていることは、他社とほとんど変わらないので、
反論自体はやりやすいと思いますが、
「裁判資料独特の言い回し」に加えて、
CFJの「こねくり回し理論」が炸裂するので、
ど素人が解読するのには、ちょっと苦労すると思います。

ただ、最初から、
「いろいろ言ってくる」「分厚い準備書面が届く」という
心構えがあれば、気分も違ってくると思います。

現状は、判決まで行けば、素直に払うようですので、
あせらずじっくりと対応していくのがポイントかと思います。

う〜ん、やっぱり、上手くまとまりませんねぇ...。
posted by 過払い太郎 at 2011年02月01日 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | CFJ(旧ディック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。